twitter
facebook
2017/09/09

講評会への効果的な臨み方 | 【岐阜・名古屋・一宮】美大芸大受験予備校 esora美術研究所

こんにちは

 

今日は土曜日の全員集合授業日なので、昼間部、夜幹部が同時に講評を行う日です

この日を上手に利用できるかで成長の度合いは大きく変わると思います

 

IMG_9499

 

IMG_9501

上図/講評会の様子

 

講評会の風景をみていると、大きく二つのグループに別れているのがわかります

全員の講評に耳を傾けている学生と自分の作品講評しか集中していない学生です

 

講評会は自分の描いた絵を反省して、講師からアドバイスをもらう場であるわけですが、自分の作品の講評しか聞かない学生はせっかく多くの作品が講評されて、いろんな成功体験や失敗体験をチェアしていてもそれらを聞き逃しているわけです

 

とはいえ全部が全部自分にとって意味のあるものではないでしょうから取捨選択は必要ですが、アンテナの感度は常に最高状態にしておくべきです

 

こういった姿勢は講評会だけではなく、全て繋がっています

講評会でアンテナを高くできない人が、普段の生活で受信感度を高め続けることができるのでしょうか

 

どんな情報からも自分が成長できるポイントが得られるよう、常にアイドリング状態にして生活していきたいですね

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
esora 美術研究所
http://www.sorabi.net/
住所:岐阜県岐阜市金宝町1-2
レミントンビル2・3F
TEL:058-215-1419
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

esora美術予備校はアクセス抜群だから通いやすい

esora美術研究所は岐阜駅から徒歩5分、金宝町のバス停からは徒歩1分という交通の便に優れた場所にあります。小学生など小さなお子様が通塾するときも安心です。高校生の週5日の長時間カリキュラムをこなすにも、無理がなく通いやすいのが特徴です。
小学生のうちは芸術に関心を持ち、自由に能力を引き出すことを目的に楽しく学び、中学生になると美術の基本となるデッサンを本格的に学びます。土日のいずれか1回5時間半、美術予備校でしっかり基礎を身に付けます。
高校生、高卒生のコースは、芸大、美大受験のための本格的な美術予備校として、1回3時間から9時間にわたって原則として週5日のカリキュラムで徹底してスキルを磨き、合格を目指していきます。

カレンダー

2017年9月
« 8月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー