twitter
facebook
2019/09/18

『esora中学生講座』の加納高校美術科入試対策 | 【岐阜・名古屋・一宮】美大芸大受験予備校 esora美術研究所

中秋の名月も過ぎ、蝉の声よりも鈴虫の音などが聞こえてくる今日この頃

いよいよ秋ですねぇ…

 

さて、ここ1ヶ月ほどesora美術研究所の『中学生講座』へのお問い合わせが非常に多くなってまいりました

それもそのはず、なんと受験まであと半年を切るという時期にさしかかってきてしまいました

 

そこで今回は、『esora中学生講座でどのような指導を行なっているのか』そして『加納高校美術科受験対策では何をするのか』についてご説明していこうと思います

 

IMG_8783

上図 / 中学生講座の授業風景

 

加納高校美術科の試験って何をするの??

加納高校は県立の高校であるため、他校同様県の学科試験があります

そして美術科を受験される方は学科試験に加えて『実技試験』が行われます

 

今年度の入試に関する要項が発表されておりませんので、まだ内容は確定しておりませんが、これまで通りであれば『自画像』の課題が出題されます

 

esora美術研究所の加納高校美術科合格率は県内トップレベル

esora美術研究所の中学生講座では、毎年塾生の9割くらいの方が加納高校の美術科へ進学を希望されます

そしてありがたいことにここ数年は全県で1番の合格率と合格者数を誇っております

 

2017年 8名

2018年 16名

2019年 23名

※加納高校美術科は40名定員です

 

というように、ここ数年で合格者の方がどんどん増えており、昨年の受験ではなんと合格者の過半数がesora美術研究所の中学生講座出身という結果になっております

 

本質的なデッサン力を育む『esora中学生講座』

これまで加納高校美術科の試験では『自画像』が出題されてきました

 

しかしesora中学生講座では、年間を通してほとんど自画像の対策はおこないません

なぜなら『本質的なデッサン力』を育むことが重要と考えているからです

 

そのため、年間の課題のほとんどは静物デッサンをベースとしており、時に鳥の剥製や石膏デッサンもおこないます

また、指導には大学受験コースでも指導を行なっているトップレベルの講がわかりやすい言葉で丁寧に指導をします

そうすることで、自画像の対策を年間通して行わなくても自画像が描けるくらいのデッサン力が育まれるのです

 

一見入試対策としては遠回りに感じられるかもしれませんが、この入試をゴールと考えない『本質的な指導』こそが結果として確かなデッサン力を育み、合格に繋がっているのだと考えています

 

『加納高校美術科へ進学してみたいけど、もう間に合わないんじゃ…』

『絵を描くのは好きだけど、才能があるかわからないから不安で…』

『将来、大好きな美術の道で大学進学したい!!』

 

そんな不安や希望を抱えているみなさん!ぜひesora美術研究所へ学びに来てください

必ず『成長できるきっかけ』に出会えるはずです

年々レベルが高くなっている『esora中学生講座』で、たくさんの仲間や講師と一緒に、憧れの加納高校美術科を目指しましょう!!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
esora 美術研究所
http://www.sorabi.net/
住所:岐阜県岐阜市金宝町1-2
レミントンビル2・3・4F
TEL:058-215-1419
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

esora美術予備校はアクセス抜群だから通いやすい

esora美術研究所は岐阜駅から徒歩5分、金宝町のバス停からは徒歩1分という交通の便に優れた場所にあります。小学生など小さなお子様が通塾するときも安心です。高校生の週5日の長時間カリキュラムをこなすにも、無理がなく通いやすいのが特徴です。
小学生のうちは芸術に関心を持ち、自由に能力を引き出すことを目的に楽しく学び、中学生になると美術の基本となるデッサンを本格的に学びます。土日のいずれか1回5時間半、美術予備校でしっかり基礎を身に付けます。
高校生、高卒生のコースは、芸大、美大受験のための本格的な美術予備校として、1回3時間から9時間にわたって原則として週5日のカリキュラムで徹底してスキルを磨き、合格を目指していきます。

カレンダー

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カテゴリー