twitter
facebook
画像1 画像2

Q.esora美術研究所ってどんなところなの?

A.美大・芸大受験のための美術予備校です。

esora美術研究所は岐阜駅から徒歩5分ほどの金宝町にある 芸大・美大に進学をしたい学生のための総合美術予備校です。

当研究所では主に東京藝術大学、愛知県立芸術大学をはじめとする「国公立大学」や、 多摩美術大学、武蔵野美術大学、名古屋芸術大学といった「私立大学」への合格を目標としたカリキュラムを基に 日々指導を重ねております。

また、通常授業に加えて春にesora東京ツアー(大学、美術館、アートフェア等の見学)や トップクラスで活躍している先輩方の考え方を聞いたり意見交換ができesoraトークセッション等のイベントも盛りだくさんです。

美術研究所はあらゆる角度からあなたの夢を応援します。
画像3 画像4 画像5 画像6

Q. 専攻って何があるの?

A.「日本画」「油画」「デザイン」の3専攻とデッサン基礎が学べる「基礎科」をご用意しております。

esora美術研究所では「日本画」「油画」「デザイン」という3専攻とデッサンの基礎を学べる「基礎科」をご用意しております。

「日本画」という言葉は普段聞き慣れない言葉かもしれませんが、日本では最も歴史のある絵画様式で、 描写力やデッサン力を中心に受験対策を行います。 卒業後は日本画家として活躍されている方も多く、 その他にも持ち前の画力、デッサン力を活かしてアニメーターや漫画家、 CMなどのコンテなどを職業としている方も多くいらっしゃいます。

「油画」は海外では古くからとてもメジャーな画材でしたが、日本では明治期に輸入された絵画方式です。西洋からきた表現方法であることから「西洋画」と呼ばれれることもあります。現在では油画コースといっても現代アートを基盤に学ぶコースである場合が多く、作家希望の学生が多く在籍しますが、卒業後はその万能性を活かして美術系の職業全般で活躍しています。

最後に「デザイン」という言葉は皆さんに最も馴染みのある専攻名かもしれません。 デザインとは人々にとって最も身近な美術であり、この世の全てのものに必要なものです。 デザインは人の生活をより豊かにするために、時には直感的に使えるように、 時には作業をより円滑にするためにあらゆる可能性を引き出す力が求められます。 卒業後はその発想力や知識を活かして様々な分野でデザイナーとして活躍される方が多いです。

また、専攻が決まる前段階としてデッサンの基礎が学べる「基礎科」をご用意しております。こちらは静物デッサンや石膏デッサンの基礎をしっかりと学ぶことができるため、専攻が決まって移行してからの学びをより充実したものとすることができます。初心者の方が多いので安心して学ぶことができます。 esora美術研究所はあらゆる角度からあなたの夢を応援します。
画像7

Q.授業料の支払いって分割払いも可能なの?

A.可能です。2回払いと12回払いからお選びいただけます。

当研究所では全納払いの他に分割払いをご用意しております。 (分納手数料 1,080円/1分割ごと が別途必要となります) 詳細は料金表ページをご覧いただき、ご不明な点がございましたらお問い合わせページよりお気軽にご連絡ください。
esora研究所についてもっと知る
 
esora美術研究所情報画像
 
授業時間・料金表はこちら
お申し込みページバナー
お申し込みページバナー